月別アーカイブ: 2015年3月

宮古島と伊良部島をつなぐ架け橋!

沖縄の離島で今年一番のニュースは、宮古島と伊良部島を結ぶ伊良部大橋の開通でしょう。全長3540メートルの伊良部大橋は、『サンゴ良い』という語呂合わせになっています。沖縄の離島の中でも透明度が高いといわれる宮古島と珊瑚はもちろん、水中に点在する海中洞窟をダイビングする洞窟ダイビングガ世界的に有名な伊良部島、この二つの島をつなぐ伊良部大橋の開通ダイビング、シュノーケリングなどのマリンアクティビティの幅がぐんと広がることでしょう。
今まではカーフェリーでしか行くことが出来なかった伊良部島ですが、端の完成で伊良部島のビーチにも気軽に遊びに行けるようになります。伊良部島には手付かずのビーチが多く点在しています。手付かずのビーチでダイビング、シュノーケリングができることは大変喜ばしいことです。
ここで、手付かずのサンゴ礁や熱帯魚の宝庫といわれるビーチで遊ぶときのの注意事項を上げておきます。

  • シュノーケリングする時はライフジャケットを使いましょう。これは浮力の確保を目的としていることはもちろんなのですが、サンゴの保護と言う今点でも重要になってきます。ライフジャケットを着用しておけば、海底のサンゴを足で蹴り傷つけることも減るでしょう。いずれにしてもサンゴへの配慮する意識が一番大切になります。観光客の一人ひとりがモラルを持って、自然、海、サンゴを大切にする意識を高めることが何よりも重要になってきます。そうすることで伊良部島のきれいなビーチが保たれます。
  • ビーチで遊んだ後は、1つでもいいのでゴミを拾いましょう。1日に20人の方がビーチで訪れたとします。20人の方が1人1つゴミを広いビーチクリーンをしたとします。それを一ヶ月続けると、600個のごみが一ヶ月でビーチからなくなることになります。ビーチを利用する人が増えれば増えるほどそのビーチがきれいになる。そんなシステムができれば、宮古島や伊良部島のビーチはいつまでもキレイな状態を保つことができるでしょう。

このような点に注意して、伊良部島、宮古島の手付かずのビーチを満喫して下さい。
熱帯魚が群れる沖縄のビーチ