月別アーカイブ: 2013年10月

宮古島のサニツ浜

宮古島市下地与那覇湾のことを通称サニツ浜と呼ぶ。宮古島で唯一このビーチはラムサール条約に登録されているビーチだ。ラムサール条約とは、水鳥の生息地として国際的に重要な湿地に関する条約で、宮古島のビーチが登録されたことによって、世界に宮古島のビーチが自然動物にとって大変重要な存在であることを発信することが出来る。環境満潮時には砂浜がなくなり公園になる。。国道390号線を旧下地町役場から県道191号線に入りまっすぐ進み民家を通り抜けていくと、大きな宮古馬の像が見えてくる。この宮古馬の像は、来間島のタコ公園にあるタコの像と、カママミネ公園にある巨大シーサーの滑り台と並んで、宮古3大建造物と呼ばれている。このビーチは公園として整備されているビーチで、遊歩道が海岸線沿いに続いている。公園には芝生が張られ、子供の遊び場になっている。護岸堤防に囲まれたビーチは遠浅の海で赤茶色の砂浜です。干潮時にはビーチは広大な干潟になり、今年で23回目となるサニツ浜カーニバルが毎年開催される。旧暦の3月3日に海水で身を清める沖縄地方の『浜下りハマウリ』といわれる風習にちなんで、宮古角力、水中駅伝、男子綱引き、レディース綱引き、グランドゴルフ、ビーチドッジボール、少年サッカーなどの競技や体験乗馬、カイトボード体験コーナーなどのリクリエーションなど多彩な催しが開催される。サニツ浜は宮古島の島民に愛され続ける自然環境の面でも大変貴重なビーチなのだ。

宮古島のビーチ

与那覇前浜ビーチ。

昨日、皆さんもご存じだと思いますが『Mステーション』という音楽番組を何気に見ていました。すると沖縄の宮古島が紹介されていて、その中で『与那覇前浜ビーチ』が一番きれいなビーチだと紹介されていました。

実は私、そのビーチに行ったことがあるので、突然の放送にテンション上がってしまい、見入ってしまいました!白い砂浜、青い海、青い空といった感じで、最高のロケーションです。TVでもビーチの映像が流れていましたが、個人的な感想ですが、実際はもっと綺麗だと思いました。それくらい最高に綺麗ビーチなんです。1年前の宮古島旅行、思い出します。その他にも宮古島まもる君とか紹介されていて、ますますまた帰りたくなってしまった私です・・・。

なんでも宮古島の海は透明度が良いと有名です。宮古島には大きな山がなく、川もありません。そのため透明度が良いと聞いたりもします。この与那覇前浜ビーチでは年1回、チャリティーライブが行われたり、以前にブログで紹介していますが、ビーチバレーボール大会が開催されたり、トライアスロンが開催されたりしています。なかなか穴場な、いえ、絶対オススメのビーチです。

ぜひ行ってみて、癒されてください。そこではバナナボードやジェットスキーなどのマリンメニューもたくさんできるそうです。オススメは空を飛ぶパラセイリングです!

あ~沖縄行きたいなー!

沖縄の海でみた入道雲。

宮古島の入道雲

今年の夏に宮古島へ旅行へ行ったときに撮った入道雲の写真。

宮古島って山もないし高い建物もないので、空が広いんです。そして雲が大きいんです!特に、ビーチに寝そべってみる空の広さ、雲の大きさといったらビックリするくらい。真っ白な大きな山が空に浮かんで雨を降らせているようでした。あんなに大きな雲を見たのは生まれて初めてかもしれませんね。遠くのビーチから眺めている分には何も問題ない入道雲ですが、その真下は大変なことになっています。写真を見ても分かるように、もくもくと天高く膨れ上がった大きな雲と海の間は、どす黒い色で覆われていますよね。そこはスコールはたまたゲリラ豪雨に襲われているんです。海でダイビングやシュノーケリングなどのマリンスポーツを楽しむ方にとって、海で一番出会いたくない雲はこの入道雲積乱雲なんです。その下は横殴りの雨に突風、雹に見舞われることもあるんです。私は遠くの穏やかなビーチでのほのーんとこの雲を眺めていましたが、その真下はダイビングポイントが多く存在する宮古島の離島伊良部島、下地島です。たぶんこの時も雲の下にはダイビングボートやビーチポイントでダイビングやシュノーケリングを楽しむ多くのダイバーの方々やダイビングショップのスタッフさんがいらっしゃったことでしょう。彼らの無事を祈りながら穏やかなビーチからこのでっかい入道雲を写真に収めるのでした。

危険生物に要注意

先日知人より、海で泳いでいたら、クラゲみたいなのに刺されて痛いけど病院へ行ったほうがいい?と連絡が入りました。とりあえず答えは『イエス』です。軽症で済む危険生物もいますが、重症化し、最悪の場合は死につながる場合もあります。

ごく一部ですが、ハブクラゲ、カツオノエボシ(デンキグラゲ)、ウツボ、ダツ、オニヒトデ、オニダルマオコゼなどなど、他にもたくさん危険生物がいます。水中では出来るだけ露出することを避けましょうね。暑くてもウエットスーツ、ラッシュガード、ラッシュパンツ等は着用して下さいね。また素足で砂浜を歩くことも危険です。砂の中に危険生物が隠れています!応急手当として、酢や消毒液も持っていきましょう。

なんて話すと海に行くのが怖くなってしまいますよね。きちんとした知識を学び、それなりの装備をしていると危険生物から身を守ることができると思います。

台風時のビーチ。

10月にきてまさかの23、24号と立て続けに台風2連続攻撃に見舞われている沖縄県です。台風23号は先島諸島の宮古島に最も接近する見込みです。10月の沖縄といえば晴れればまだ夏模様。これからの時期は沖縄の海の透明度もぐんと上がる時期なので、ダイビングを楽しむダイビングライセンスを持ったファンダイバーがたくさん沖縄に遊びに来ているはず。今回の台風2連続攻撃に見舞われた沖縄宮古島では、そんなダイバーの皆様の悲鳴が聞こえてきます。台風の影響で海はおお時化。ボートダイビングが無理ならせめてビーチでのダイビングだけでもと思うところなのですが、普段は穏やかなビーチにも台風のうねりは確実に到達しており、台風のときの頼みの綱のビーチダイビングも無理なのです。。。こうなったらビーチでのダイビングもあきらめて、泡盛、オリオンビールを飲んで、ダイビングできなかった怒りをクールダウンするしかないですね。