宮古島と伊良部島をつなぐ架け橋!

沖縄の離島で今年一番のニュースは、宮古島と伊良部島を結ぶ伊良部大橋の開通でしょう。全長3540メートルの伊良部大橋は、『サンゴ良い』という語呂合わせになっています。沖縄の離島の中でも透明度が高いといわれる宮古島と珊瑚はもちろん、水中に点在する海中洞窟をダイビングする洞窟ダイビングガ世界的に有名な伊良部島、この二つの島をつなぐ伊良部大橋の開通ダイビング、シュノーケリングなどのマリンアクティビティの幅がぐんと広がることでしょう。
今まではカーフェリーでしか行くことが出来なかった伊良部島ですが、端の完成で伊良部島のビーチにも気軽に遊びに行けるようになります。伊良部島には手付かずのビーチが多く点在しています。手付かずのビーチでダイビング、シュノーケリングができることは大変喜ばしいことです。
ここで、手付かずのサンゴ礁や熱帯魚の宝庫といわれるビーチで遊ぶときのの注意事項を上げておきます。

  • シュノーケリングする時はライフジャケットを使いましょう。これは浮力の確保を目的としていることはもちろんなのですが、サンゴの保護と言う今点でも重要になってきます。ライフジャケットを着用しておけば、海底のサンゴを足で蹴り傷つけることも減るでしょう。いずれにしてもサンゴへの配慮する意識が一番大切になります。観光客の一人ひとりがモラルを持って、自然、海、サンゴを大切にする意識を高めることが何よりも重要になってきます。そうすることで伊良部島のきれいなビーチが保たれます。
  • ビーチで遊んだ後は、1つでもいいのでゴミを拾いましょう。1日に20人の方がビーチで訪れたとします。20人の方が1人1つゴミを広いビーチクリーンをしたとします。それを一ヶ月続けると、600個のごみが一ヶ月でビーチからなくなることになります。ビーチを利用する人が増えれば増えるほどそのビーチがきれいになる。そんなシステムができれば、宮古島や伊良部島のビーチはいつまでもキレイな状態を保つことができるでしょう。

このような点に注意して、伊良部島、宮古島の手付かずのビーチを満喫して下さい。
熱帯魚が群れる沖縄のビーチ

宮古島の狩俣ビーチ

 

宮古島西海岸の珊瑚・貝殻拾いも楽しめるビーチ

宮古島の西海岸を代表する砂山ビーチから約10キロ北にある狩俣ビーチ。

こちらのビーチの特徴は以下の5点です。

  • 大量の珊瑚と貝殻がビーチに打ちあがっている
  • 人が少なくプライベート間が味わえる
  • ビーチからほんの5m沖にカクレクマノミ見れる
  • 珊瑚がきれい
  • シュノーケリングだけでなくダイビングも楽しめる

看板や駐車場、トイレ施設も無い自然のままのビーチなので、場所が少々わかりずらいのが難点。ですが、人も少なく、遠浅のビーチなのでシュノーケリング初心者の方にもオススメのビートといえます。ビーチコーミングにオススメなので、海の中に入らずにビーチで貝殻や珊瑚拾いを楽しむのもいいですね。シャワー施設が無いので、海から上がったあとに砂などを落すための水を、ペットボトルなどに入れてもっていくことをオススメします。

狩俣ビーチは干潮時に訪れることをオススメします。満潮の時は少し水深が深めになり、波も発生しやすいので、注意が必要です。干潮時のほうが海が穏やかになり、水深も浅いのでストレス無くシュノーケリングが楽しめることでしょう。場所によっては、波打ち際からほんの5m沖に出るだけでカクレクマノミを観察できるポイントもあります。この場所なら小さなお子様ずれの家族の方や、シュノーケリング初心者の方でも安心してカクレクマノミを観察できますね。

ビーチでは、宮古島のシュノーケリングショップやダイビングショップがツアーを開催している姿をたまに目にします。その道のプロがツアー開催場所に選ぶビーチですので、やはりオススメと言えるのでしょう。ショップの方たちは、狩俣ビーチの沖にある茸のような形をした大きい岩の周りでツアーを開催しているようでした。おそらくその範囲が珊瑚がきれいで、シュノーケリングにオススメの場所なのでしょう。ただしビーチからは距離がありますので、安全に綺麗なポイントを観察したいのであれば、ツアーにご参加されることをオススメします。

人が少なく、監視委員などもいないし全のままのビーチですので、個人だけで海に入る時は必ずライフジャケットなどの浮力のあるものを身に付けて海に入るようにしましょう。1人だけで海に入って泳ぐのは緊急時の事を考えると危険ですので、必ず2名以上の人数でシュノーケリングを楽しみましょう。不安な方は初心者向けのシュノーケリングツアーを開催している宮古島のダイビングショップに申し込んでツアーに参加しましょう。

新城海岸|地元で人気の海水浴スポット

吉野海岸に変わる話題のシュノーケリングスポット

宮古島の東海岸、太平洋に面した広々として遠浅のビーチ。県道83号線沿いにビーチに下りていく入り口の看板がある。そこからかなり急な狭い下り坂を降りていくと駐車場に出る。のんびりと海水浴を楽しんだり、シュノーケリングするのには最適なビーチだ。カラフルなさんご礁に遊ぶ、カクレクマノミ、デバスズメダイなどの熱帯魚たちの姿に出会うことができる。

一昔前は、宮古島のシュノーケリングビーチで一番人気があるビーチといえば吉野海岸でした。しかし最近の吉野海岸の海の荒れ具合とマナーの悪さから、新城海岸でシュノーケリングを楽しむ観光客の姿が多くなっています。シュノーケリング器材のレンタルから、軽食まで提供してくれる海の家が2軒あります。トイレと湧き水を利用したシャワー施設もあるので便利な点も人気の理由です。

新城海岸宮古島のシーカヤックやシュノーケリング業者も利用するビーチです。マリンスポーツの業者は、シーカヤックを使って約600メートルおきにあるアウトリーフまで行きそこでシュノーケリングを楽しんでいます。アウトリーフには、アオウミガメ、マダラトビエイなどの大物に出会うこともしばしばあるので、普通のシュノーケリングに飽きた観光客の方は、是非マリンスポーツ業者に申し込んで一味違ったシュノーケリングを味わってみるのもオススメです。

近年、人気急上昇中の新城海岸ですが、心配されることがいくつかあります。

  • カクレクマノミなどの熱帯魚泥棒
  • サンゴ礁の人的被害

新城海岸には、ニモでおなじみのカクレクマノミと宿主のイボハタゴイソギンチャクが多く生息していて、観光客を喜ばしています。しかし近年カクレクマノミを盗んでいく方があとを絶ちません。住人を失った宿主のイボハタゴイソギンチャクだけが寂しそうに海底に沈んでいます。
さんご礁の人的被害が進んでいます。心無い方がサンゴの上に乗ったり、サンゴを足で折ったりするといった被害が急増しています。新城海岸を守って、いつまでも観光客にその姿を楽しんでもらえるよう、新城海岸を訪れるすべての方に、さんご礁に対する正しい知識とモラルある行動が求められています。

フナクスビーチ|池間島

宮古諸島の池間島が誇る至極のシュノーケリングビーチ

sfunakusu
宮古島本島の北に位置し、全長約2キロの大橋で繋がる池間島。その池間島の北東に面した小さなビーチが今回紹介するフナクスビーチです。
一昔前はビーチの入り口にある小さなブロックだけが目印で入り口が分かりずらかったのだが、近年整備された駐車場とトイレが道路に面しているので比較的分かりやすい場所になった。フナクスビーチはそれほど大きな面積がないので、夏休みともなれば観光客でいっぱいになることもしばしばだ。
このビーチの特徴はなんといってもサンゴの美しさだ。シュノーケリングで10メートル沖に出るだけでも、美しい枝サンゴ、卓上ミドリイシ、といった色とりどりのさんご礁を目にすることができる。
こちらのビーチの砂はきめ細かくパウダーサンドなので、小さなお子様ずれの方はオモチャのスコップやバケツを持参してビーチの波打ち際で砂遊びをするのもよいでしょう。
ビーチに日陰が少ないので、真夏にフナクスビーチを訪れる時は、ビーチパラソルや帽子を必ず持って出かけよう。夏の時期には駐車場に売店が一見営業をしているが、クーラーボックスに冷たい飲み物を持参して出かけることをオススメします。
このフナクスビーチは満潮時には沖から波が押し寄せるので、オススメはあらかじめ干潮時刻しらべておいて、その時間に合わせていくことだ。潮の干満の差が大きくなる大潮などでは、干潮と満潮で水深が2m程変わってくるので、小さなお子様ずれの家族旅行の方などは特に干潮の時間に合わせてビーチでシュノーケリングをすることをオススメします。
シュノーケリングに夢中になって、知らず知らずに沖の方まで出てしますと、潮の流れが発生する場合があるので気をつけましょう。
こちらのビーチで見られる熱帯魚は、天狗カワハギ、デバスズメダイ、カクレクマノミ、ルリスズメダイ、などなどです。

吉野海岸|宮古島を代表するシュノーケリングビーチ

宮古島の観光雑誌には絶対掲載されているシュノーケリングビーチ

宮古島の東海岸に位置する吉野海岸。
宮古島を代表するシュノーケリングポイントとして有名なビーチです。
吉野海岸の特徴をいくつかご紹介します。

  • 外洋のリーフが天然の防波堤代わりになりビーチの浅瀬は穏やか
  • 宮古島のビーチには珍しくトイレシャワー施設がある
  • ビーチパラソル、シュノーケリング道具などビーチで全てレンタルできる
  • 波打ち際から数メートルで熱帯魚を観察できる

宮古島の東海岸は数百メートル沖に浅いリーフ(さんご礁)が発達しており、そのリーフが沖の波から浅場のビーチを守ってくれています。
満潮時には沖の波がビーチまで到達するのですが、干潮の時間になれば沖の波が高くても、リーフが天然の防波堤の役割を果たしてくれるのでビーチはとても穏やかです。吉野海岸は上記のような理由から比較的穏やかで水深が浅いため、夏になれば小さなお子様連れのファミリーなどの観光客が多く訪れてシュノーケリングや海遊びを楽しむ姿が見られます。吉野海岸駐車場には、有料ですがシャワー施設もあり、ビーチパラソルやシュノーケリング道具などのレンタル器材も豊富に揃っているので、水着とタオルさえあればどなたでも、ドライブ途中に気軽にシュノーケリングを楽しむことが出来ます。一方で吉野海岸を取り巻く状況はこの10年で激変しました。

近年の吉野海岸に見られる残念な事柄をいくつかご紹介します。

  • 有料駐車場やレンタル器材のお客さんをめぐって、現地レンタル業者の客引きが多い。
  • 餌付けのルールが守られておらず生態系が変化している。
  • サンゴの上に乗ったり、サンゴを傷つける観光客が後を絶たない

近年の吉野海岸に見られる残念な事柄をいくつか挙げましたが、その中でも一番心が痛む事柄は、心無い一部の観光客の行為により、さんご礁が壊滅的な状態になっていることです。吉野海岸の素晴らしさから、観光雑誌に紹介され多くの観光客が訪れ、皆さんが宮古島を代表するビーチで癒しのひと時味わうことは、本当に素晴らしいことだと思います。しかし、観光客の中には、さんご礁の上に乗って休憩をしたり、ボキボキと枝サンゴを足で踏みつける方が実際に存在します。現在の吉野海岸は、サンゴが美しいとはとてもいえない状態にまで陥っています。熱帯魚の種類も激変しています。10年前の吉野海岸の美しいさんご礁と色とりどりの熱帯魚の姿を知っている人が、現在の吉野海岸の姿を見ると本当に胸が締め付けられる思いをします。長い年月をかけて作り上げられた美しい水中世界は、いったんその美しい姿を失うと元に戻るのに膨大な時間を要します。そして地球温暖化による海水温の上昇、サンゴの白化現象、オニヒトデの大量発生などの現在の地球環境を考えると元に姿に戻れる確率は非常に非常に低いと言われているのです。

まとめ

吉野海岸は、宮古島を代表するシュノーケリングスポットとして多くの観光雑誌や、インターネットのサイトで紹介されています。しかし、その美しい水中世界は、明らかに年々減少しています。いつまでも美しい吉野海岸を守っていくためには、観光客のモラルと、地元マリンスポーツ業者のさんご礁に対する正しい知識と接し方の指導が必要不可欠です。一度失った美しいさんご礁を元の状態に戻すことは容易ではありません。正しい知識とモラルある行動が、世界的に絶滅の危機にあるさんご礁を守っていく鍵になることは間違いありません。

宮古島のイムギャーマリンガーデン

宮古島を代表するビーチダイビングスポット

宮古島の南海岸に位置するイムギャーマリンガーデン。このビーチの特徴は以下のです。

  • 入り江になっているので通年穏やか
  • 数百種類の熱帯魚が観察できる
  • 宮古島のビーチでハマクマノミが一番多く生息している
  • トイレ駐車場などの施設がある
  • ダイビングポイントとして有名である

このビーチは入り江になっていているので年間を通していつも穏やかなビーチです。
しかも、湾内には数百種類の熱帯魚が生息していて、ビーチから数メートル沖に出れば、熱帯魚が観察をできます。特にハマクマノミのコロニーがあり、宮古島のビーチの中で一番多くクマノミが生息しています。
この為、ダイビング、シュノーケリング、ビーチの波打ち際での水遊びなど、多くの観光客やダイビングショップ、地元の子供たちに利用されているビーチです。
イムギャーマリンガーデンの『イム』とは宮古島の方言で『海』の意味。『ギャー』とは湧き水の意味です。したがって『イムギャー』とは海の湧き水という意味になります。海底から真水が湧いているのです。このため、水面から2メートルは、海水と真水が混ざり、陽炎のように少しにごって見えます。これは水がにごっているのではなく、海水と真水が混ざり合ったときに見られるケモクラインという現象です。
このケモクラインといわれる現象ため、シュノーケリングよりは、ダイビング向けのビーチといえます。体験ダイビング、初心者向けファンダイビング、ダイビングライセンス講習などの各種ダイビングツアーを開催しているダイビングショップも多くみられます。
先日宮古島出身のおじさんと話す機会があったのですが、そのおじさんによると、イムギャーマリンガーデンの湾内に点在する岩には一つ一つ方言で名前がついているそうです。地元のおじさんの話で一番驚かされたのは、イムギャーマリンガーデンのサンゴ石灰岩(貝などを含む巨石、トラバーチン)が国会議事堂の内装に使用されていることです。国会議事堂の建設にあたり、良質のサンゴ石灰岩トラバーチンであるイムギャーマリンガーデンの巨石が使用されたことはあまり知られていない事実です。

まとめ
一年を通して穏やかなイムギャーマリンガーデンは、宮古島のビーチの中で一番多くクマノミを観察できるビーチとして、ダイビング客、地元の人々に愛されている人気のダイビングスポット兼、地元民の憩いの場なのです。

宮古島が誇る特選ビーチ

宮古島が誇る特選ビーチをご紹介いたします

まずは砂山ビーチです。その名の通り砂の山が聳え立つ宮古島でも知名度は1.2を争う有名なビーチです。よくカレンダーや宮古島特集や沖縄のビーチ特集などで雑誌の表紙を飾るとてもきれいなビーチです。砂の山を登ると、目の前にターコイズブルーの海が飛び込んできます。大変な思いをして砂の山を登った後に目の前に現れるビーチの美しさといったら言葉にならないほどです。砂の山を下ると比較的広い砂のスペースが広がっています。宮古島出身者の友人の話によると、昔は砂の山を下ったところに野球ができるくらいの砂のスペースがあったそうです。海の潮の流れが変わって、少しずつ砂が海へと流されて砂山ビーチの砂の量が徐々に減っているそうです。宮古島でも護岸工事や湾港工事、大橋の建設などで海の潮の流れが変化して、海岸にあるビーチの形状が少しずつ変化しています。世界に誇る宮古島の美しいビーチがいつまでもその姿を維持できるように、私達が今できることは何なのでしょうか。一人ひとりが沖縄の美しい風景を後世に残すために何が必要なのか、真剣に考えなければいけないときが今まさに来ているのではないでしょうか。砂山ビーチを散歩しながらそんなことを思いました。

中ノ島ビーチ

ダイビングと熱帯魚の宝庫

宮古島の4キロ西にある伊良部島。その伊良部島と隣接している下地島。今日ご紹介するビーチは、その下地島にある下地空港の西側に位置している熱帯魚の宝庫、中ノ島ビーチです。入り江になったビーチで、波は静か、海岸近くまでリーフが迫っていて、透明度抜群の海の中は珊瑚や熱帯魚の群生を見ることの出来る格好のダイビング、シュノーケリングポイントとなっています。ビーチの沖にあるリーフを越えると、海の中は雰囲気が一変する。海の中に、自然で出来たアーチやケーブ、亀裂などがあり、その中をダイバーたちがダイビングを楽しむ姿が見られる。宮古島、伊良部島の多くのダイビングショップが利用するダイビングポイントである中ノ島チャネル、中ノ島ホールもこのビーチの沖に位置しています。ビーチのインリーフで熱帯魚の観察、アウトリーフで地形ダイビングが楽しめる中ノ島ビーチは、地形ダイビングと熱帯魚の宝庫です。カーフェリーに乗って伊良部島まで渡り、港から来るまで30分の場所に位置しています。宮古島本当のドライブコースを楽しんだ後は、一足延ばして、伊良部島、下地島のビーチめぐりをするのもいいですよ。

宮古島のサニツ浜

宮古島市下地与那覇湾のことを通称サニツ浜と呼ぶ。宮古島で唯一このビーチはラムサール条約に登録されているビーチだ。ラムサール条約とは、水鳥の生息地として国際的に重要な湿地に関する条約で、宮古島のビーチが登録されたことによって、世界に宮古島のビーチが自然動物にとって大変重要な存在であることを発信することが出来る。環境満潮時には砂浜がなくなり公園になる。。国道390号線を旧下地町役場から県道191号線に入りまっすぐ進み民家を通り抜けていくと、大きな宮古馬の像が見えてくる。この宮古馬の像は、来間島のタコ公園にあるタコの像と、カママミネ公園にある巨大シーサーの滑り台と並んで、宮古3大建造物と呼ばれている。このビーチは公園として整備されているビーチで、遊歩道が海岸線沿いに続いている。公園には芝生が張られ、子供の遊び場になっている。護岸堤防に囲まれたビーチは遠浅の海で赤茶色の砂浜です。干潮時にはビーチは広大な干潟になり、今年で23回目となるサニツ浜カーニバルが毎年開催される。旧暦の3月3日に海水で身を清める沖縄地方の『浜下りハマウリ』といわれる風習にちなんで、宮古角力、水中駅伝、男子綱引き、レディース綱引き、グランドゴルフ、ビーチドッジボール、少年サッカーなどの競技や体験乗馬、カイトボード体験コーナーなどのリクリエーションなど多彩な催しが開催される。サニツ浜は宮古島の島民に愛され続ける自然環境の面でも大変貴重なビーチなのだ。

宮古島のビーチ

与那覇前浜ビーチ。

昨日、皆さんもご存じだと思いますが『Mステーション』という音楽番組を何気に見ていました。すると沖縄の宮古島が紹介されていて、その中で『与那覇前浜ビーチ』が一番きれいなビーチだと紹介されていました。

実は私、そのビーチに行ったことがあるので、突然の放送にテンション上がってしまい、見入ってしまいました!白い砂浜、青い海、青い空といった感じで、最高のロケーションです。TVでもビーチの映像が流れていましたが、個人的な感想ですが、実際はもっと綺麗だと思いました。それくらい最高に綺麗ビーチなんです。1年前の宮古島旅行、思い出します。その他にも宮古島まもる君とか紹介されていて、ますますまた帰りたくなってしまった私です・・・。

なんでも宮古島の海は透明度が良いと有名です。宮古島には大きな山がなく、川もありません。そのため透明度が良いと聞いたりもします。この与那覇前浜ビーチでは年1回、チャリティーライブが行われたり、以前にブログで紹介していますが、ビーチバレーボール大会が開催されたり、トライアスロンが開催されたりしています。なかなか穴場な、いえ、絶対オススメのビーチです。

ぜひ行ってみて、癒されてください。そこではバナナボードやジェットスキーなどのマリンメニューもたくさんできるそうです。オススメは空を飛ぶパラセイリングです!

あ~沖縄行きたいなー!