相互リンク募集

沖縄関係のサイト・ダイビングショップ様・マリンスポーツ関係のサイト様、相互リンクを大募集中です。お気軽にお問い合わせください。

リンクについて

沖縄ビーチ

沖縄の海について

沖縄の亜熱帯特有の強烈な太陽は、ビーチの美しい光景を演出してくれますが、人間にとっては有害だったりまします。沖縄のビーチで快適に過ごすためには、しっかりとした準備が不可欠です。沖縄の海は潮の満ち引きがはっきりしていて、その差が大きいのが特徴です。潮の満ちているときが楽しいビーチと、干潮の時の方が面白いビーチの2種類のビーチがあります。得に沖縄の離島に行くとき人は、潮の関係を知っていたほうがだんぜん便利です。リーフの外側は急激に深い場所があるので注意しなければなりません。リーフエッジの近くは、沖に引っ張られる早い潮の流れがあるので、これにも十分な注意が必要になります。初めて訪れるビーチに入るときは、地元の人に声をかけて、あらかじめ注意点を聞いておいたほうが良いです。4月を過ぎると、ビーチは日差しが強烈過ぎて、日陰で過ごさないととてもビーチにはいられません。当然ビーチパラソルは必需品になります。日焼け止め、長袖のTシャツ、ビーチサンダル、サングラスも同様に必需品です。さらに、冷たい飲み物は絶対ほしいので、クーラーボックスが必要になります。ウチナンチュ(沖縄の人)は日没間近になってからビーチパーティーを始めたりします。その昔、「モアシビ」と呼ばれるビーチ遊びが夜に行われていたのには、こうした理由があります。さらに、沖縄の海には危険な生物もいます。海蛇は強烈な毒をもっていますが、極めておとなしい生き物なので、見かけても触れたり捕まえたりしなければ問題ありません。一番厄介なのは、ハブクラゲです。慶良間諸島には潮流の関係でいないそうですが、それ以外の穂飛んでの海域には生息しているので注意が必要になります。こういった注意点は沖縄に限らず、南の島にはつきものです。これらの注意さえ守れば、青い海と白い砂浜で過ごす時間は、まさしく極上のひとときになるに違いありません。